なんで寝足りないと受けとることが危険なのかというと

長く寝ていても、そして規則正しく寝ていても寝足りないと憶えることがあります。

疲れが溜まっていると疲れが抜けきらなくて寝足りないと感じることがありますが、ただし頻繁に寝足りないと覚える場合はトラップだと判断する必要があります。

なんで寝足りないと受けとることが危険なのかというと、それは寝ているら息をしていない体調があるかもしれないからだ。

寝ているら、息をしていない無息づかい症候群になっているケー。

無息づかい症候群になっているといった、人体に必要としている酸素が十分に取り込めていない状態になります。

酸素が足りない状態に間近いのが酷いムーブメントをしている季節で、無息づかい症候群になっているといった耐え難いムーブメントをしながら寝ているようになります。

どぎついムーブメントをしながら眠るのは、当然疲れが取れないどころか再度疲れてしまいますので、疲労がでます。

再度、無息づかいになり息苦しくなることで覚醒することがあり、頻繁に増やすため就寝が足りていない状態になります。

どちらにしても質の良い就寝が出来ていない状態になりますし、疲弊がもっとたまる状態になり起きていなければいけない瞬間に眠気が襲うようになります。

仕事中そうして運転中に無意識に寝てしまうこともあり非常に危険ですので、無息づかい症候群を治す必要があります。

仮に寝ているのに疲れがどんどんとたまると感じているのなら、それでは先生に相談して下さい。

店舗のビルについた時も私のオフィスは4回なのですが

今日はボクが四六時中取り組んでいるシェイプアップポイントについての素材をさせていただきます。最近ボクは43年ですが前年の店舗の壮健見立てで、とうとう現代病という認識をされてしまいました。思い返してみると年齢類にも脂っこい献立は少な目にしないといけないのですが、考えないでお宝ばっかり食べていましたので自業自得の結果だと思いました。

とは言っても何か動きを始めないといけませんでしたので、しっかりとした有酸素運動ではなくてもライフサイクルの中で取り込める動きをしようと思いました。まず最高峰最初に立ち向かう動きは早朝に地元の駅舎ではなく一種先の駅舎まで半かけてあるくことでした。そうして電車の駅ではエスカレーターやエレベーターをサッパリ使わずに道筋のみにしました。またJR内でも必要以上に座らずにつり革を持ちながらかかと高め運動をするようにしました。

また、店舗のビルについた時も私のオフィスは4回なのですが往きも戻りもエレベーターを使わずに道筋によるようにしました。道筋と言うのは水平なコースを歩いているのとは違ってどうにも足腰にくるので、こういう日々を約1時代後続を通していた所、ボクはウェイトが7間隔やせることができまして、BMIも25%を下回ることができたので現代病を克服することができたのです。

ですので常時で決まった有酸素運動ではなくても日々の動きの中でも後続をしいれば効果があるのだなと言うことが分かりました。