遺伝子に戦法を与えられた初心者仲間

マンガ「機動戦士ガンダムSEED」では語られることがない“主流ではない”談話。

西暦から時代が変わり、コズミックイラと呼ばれる時代。方々が宇宙に移り住み。そうして、自身の遺伝子に手を加えることを許した条件。

遺伝子に戦法を与えられた初心者仲間「コーディネイター」といった旧人仲間「自然」との競争。その裏で壊れた軍事タイプやデブリを回収して暮らしを講じるバルク屋がいた。自然でありながらもメカに関する考え方から自身ジャンル兵器ですモビルスーツを移すことができるロウ・ギュール。

ロウは友達をつれコーディネイター軍の圧力で崩壊してしまったコロニーに侵入してお宝を探していた。そうして、偶然にも作られるはずのないガンダムタイプのモビルスールを2タイミング発見して仕舞う。

思いもよらぬお宝にお祝いやるロウだったが、そこに1人の傭兵が生じ1タイミングのガンダムを奪っていく。

ガンダムを奪った傭兵に生命を狙われるのだが、軍事秘匿を破棄するために傭兵をやとった軍が傭兵もろともすべての確信を抹消しようと始める。

2タイミングのガンダムが協力し、軍を追い払うことに成功する。

両者はそれぞれのガンダムを自前として、各々の抗戦へといった向かっていくことに上る。

そうして、二タイミングのガンダムといった二人の語られる素行のない主流ではない談話が始まる。