なんで寝足りないと受けとることが危険なのかというと

長く寝ていても、そして規則正しく寝ていても寝足りないと憶えることがあります。

疲れが溜まっていると疲れが抜けきらなくて寝足りないと感じることがありますが、ただし頻繁に寝足りないと覚える場合はトラップだと判断する必要があります。

なんで寝足りないと受けとることが危険なのかというと、それは寝ているら息をしていない体調があるかもしれないからだ。

寝ているら、息をしていない無息づかい症候群になっているケー。

無息づかい症候群になっているといった、人体に必要としている酸素が十分に取り込めていない状態になります。

酸素が足りない状態に間近いのが酷いムーブメントをしている季節で、無息づかい症候群になっているといった耐え難いムーブメントをしながら寝ているようになります。

どぎついムーブメントをしながら眠るのは、当然疲れが取れないどころか再度疲れてしまいますので、疲労がでます。

再度、無息づかいになり息苦しくなることで覚醒することがあり、頻繁に増やすため就寝が足りていない状態になります。

どちらにしても質の良い就寝が出来ていない状態になりますし、疲弊がもっとたまる状態になり起きていなければいけない瞬間に眠気が襲うようになります。

仕事中そうして運転中に無意識に寝てしまうこともあり非常に危険ですので、無息づかい症候群を治す必要があります。

仮に寝ているのに疲れがどんどんとたまると感じているのなら、それでは先生に相談して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です